化粧品店はっぴーとーく樹音: トップへ

【1章 私をささえた「楽天発想」の言葉ーあなたはもっと生き方上手になれる】

「できること」が増えるより、「楽しめること」が増えるのが、いい人生。
花を愛するのに植物学は不要である。 ー稲垣足穂『横寺日記』
休息とは回復であり、何もしないことではない。 ー作家 ダニエル・W・ジョセリン

人は感情を引きずりやすい。いい感情を引きずって生きよう。
いい知らせと悪い知らせと、どっちから聞く? ーアメリカのことわざ
わがものと思えば軽し笠の雪 ー俚言

「どうせ」という口ぐせを、「もしかしたら?」に変えてごらん。
空は、どんな人の上でも青いわ。 ー映画『縮みゆく人間』
雑草とは、その美点がまだ発見されていない植物である。 ーアメリカの哲学者 エマソン

自分自身にこそ、「あばたもえくぼ」で接しなさい。
たまには自分を見つめなおして、自分の好きなところを探そう。 ーアメリカの俳優 スタシ・ケナン

高度な目標に何度も失敗するより、適度な目標を何度も達成しよう。
人生には三つのものがあればいい。希望と勇気とサムマネー。 ー喜劇俳優 チャールズ・チャップリン
望みをもちましょう。でも望みは多すぎてはいけません。 ーモーツァルト

「成功しよう」とするより、「夢をかなえよう」とするほうが楽しい。
毎日、自分の嫌いなことを二つずつ行うのは、魂のためによいことだ。 ーサマセット・モーム『月と六ペンス』
運命はわれわれに幸福も不幸も与えない。ただその素材と種子を提供するだけだ。 ーモンテーニュ『エセー』

幸福は、好奇心から生まれる。
愚か者も、その愚かさにしがみついてると、やがて賢くなる。 ーウイリアム・ブレイク

後れをとってうつむいた時、足元に成功が見つかる。
運を信じるべきだ。そうでなけりゃ、どうやってあの嫌いな連中の成功を説明できる? ーフランスの詩人 ジャン・コクトー

小さな成功体験を忘れてないか。成功体験を励みにできる人が成功する。
一日十回感動すること。それが長生きの秘訣です。 ー婦人運動家 加藤シズエ
戦いに勝つ瞬間は、戦いが始まる前にある。 ーフレデリック・W・ルイス

人生に満足したければこうつぶやこう。「終わりよければすべてよし」。
会えてよかった。生きてよかった。 ー作家 戸板康二
生まれ生まれ生まれ生まれて生の始めに暗く、死に死に死に死んで死の終わりに冥し。 ー空海『秘蔵宝鑰』
夕映えが美しいように、老人の場所から見た世界は美しいのです。 ー伊藤整『変容』

【2章 私を変えた「人間関係」の言葉ーあなたはもっといい人に出会える】

笑うことは、最も簡単な成功法。
表面をつくるということは、内部を改良する一種の方法である。 ー夏目漱石
泣くときは一人だが、笑えば世界も一緒に笑う。 ーエラ・ウィラー・ウィルコックス

悪い感情は話さず書こう。書いた紙はしまい込もう。
二人の人間が同じ場所から眺めている。一人は泥土を。もう一人は星を。 ーラングブリッジ『楽観と悲観』
幸福の鍵は、健康と健志ね。 ーイングリット・バーグマン
愛するということは、我らが互いに見つめ合うことではなく、ともに同じ方向を見つめることだ。 ーサン・テグジュペリ

人にほめられる人よりも、人をほめられる人が賢者。
人間、ヒマになると悪口をいうようになります。悪口をいわない程度の忙しさは必要です。 ー永六輔『職人』
ほめ言葉をもらえば、それだけで二ヶ月間、幸せに生きられる。 ーアメリカの作家 マーク・トゥエーン

小さなことをほめよう。同じことでも何度もほめよう。
やってみて、言ってきかせて、させてみて、ほめてやらねば人は動かじ。 ー連合艦隊司令長官 山本五十六
腹の立ったときに、小言をいうな。 ー同志社大学創立者 新島襄

気持ちを合わせるには、言葉を合わせれば簡単。
怠け者だったら、友だちをつくれ。友だちがなければ、怠けるな。 ーイギリス文学者 サミュエル・ジョンソン
人はみな素晴らしい。たった一度会っただけなのに、二度と忘れられない人は大勢いる。 ーアメリカの歌手 シンディ・ローパー

うまく話そうとするとうまくいかない。普通に話そうとすればうまくいく。
自分を気づかうことだ。自分には自分しかいないのだから。 ー喜劇俳優 グルーチョ・マルクス
ひとつの顔は神が与えてくださった。もうひとつの顔は自分で造るのだ。 ーシェイクスピア

第一印象は、訓練で変えられる。
自分に自信がないなら、どんなに高価な服を着たって意味がない。 ーオペラ歌手 レオンティー・プライス
世間というのは鏡なので、覗けば自分が映っている。 ーイギリスの作家 W・N・サッカレー

気配りに、「今度」という言葉はない。
一人で見る夢は夢でしかない。しかし、誰かと見る夢は現実だ。 ーオノ ヨーコ
夫を持ったり、子供を持ったりするたびに、人間の心の眼は開けてゆくものだよ。 ー川端康成『結婚の眼』

人は友人の望み通りの人になっていく。望みの高い友人をもとう。
ひとりでいることと孤独とはまったく違う。 ーアメリカの作家 エレン・バースティン
人間、馬鹿は構いません。だが、義理を知らないのはいけません。 ー久保田万太郎『末枯』

人を動かすには耳を働かせなさい。人に好かれるには口を動かしなさい。
真の友は最大の財産であり、また、最も得がたい財産である。 ーフランスの作家 ラ・ロシュフーコー

友だちのように話そう。友だちになれる。
お前が誰と一緒にいるか、いってみな。そうしたら、お前がどんな人間かいってやる。 ーセルバンテス『ドン・キホーテ』
他人を幸福にするのは、香水をふりかけるようなものだ。ふりかけるときに、自分にも数滴はかかる。 ーユダヤのことわざ

「チャンスさえくれば」と思っていると、チャンスはやってこない。
やりたいことを、やれるときにやってしまえ。 ー食生態学者 西丸震哉

頭は一度下げたほうがいい。でも、何度も下げないほうがいい。
怒りをためたまま、寝ちゃあダメ。 ーフィリス・ディーラー
友だちは友だちに酔っぱらい運転をさせない。 ー全米放送協会広告

【3章 私を強くした「エラー逆転」の言葉ーあなたはもっと大胆になれる】

人生に失敗がないと、人生を失敗する。
どんなにベッドが温かくても、そこから出なくちゃいけない。 ーアメリカの歌手 グレース・スリィック

トラブルが解決できなかった時は、「解決不能」を答えに次へ進もう。
何でも妙なことにぶつかったら、笑うってことがいちばん賢い。 ーアメリカの作家 メルヴィル
卵を割らないで、オムレツは造れない。 ーことわざ
つまらないのは誰だ?自分かな。 ーアメリカの詩人 ディラン・トーマス

悪いできごとは、最悪を避けさせるシグナルなんだよ。
鍛冶屋が腕を振って腕が太くなるように、元気を出し続けると、元気は増してくる。 ー三宅雪嶺『世の中』
大失敗するものだけが、大成功をおさめる。 ーアメリカ司法長官 ロバート・ケネディ

クレームにこそ、「ありがとう」を言おう。
過ちて改めざる、これを過ちという。 ー孔子

「ムダにした」とあきらめるな。「ムダにしたくない」と考えよ。
楽しんで失敗するほうが、退屈しながら成功するよりいい。 ーアメリカのコメディアン ジョージ・バーンズ
失敗したところでやめてしまうから失敗になる。成功するところまで続ければ、それは成功になる。 ー松下幸之助

過去は安い本と同じ。読んだら捨てればいい。
明るい方へ。明るい方へ。 ー詩人 金子みすゞ
ろくな晩じゃねぇや。寝ちまえ、寝ちまえ。寝て起きりゃ別の日だ。 ー江戸文化研究家 杉浦日向子

精神力は貯金と逆だ。引き出し続けることで増してくる。
マイナスの経験をした人は有利です。してない人は、人の気持ちがわからなくなっている。わからないことすら、気づかずに生きてしまう。 ー脚本家 山田太一
何か誇りに思えることをしたときは、自分をほめてみましょう。 ー精神分析医 ミルドレッド・ニューマン

何でもないところで転んだ人は、難所で転ばなくなるものさ。
一度も病気をしたことのない人間とはつきあうな。 ーロシアの文豪 トルストイ
生きているかぎり、人間はすべてを奪われることはない。 ー正岡子規

最高の教訓は、最初の失敗にある。
人生の節目となる瞬間は、自分ではそれとわからない。 ー映画『フィールド・オブ・ドリームス』

「できない」思い込みも、「できる」思い込みも強さは同じだ。
過ぎてかえらぬ不幸を悔やむのは、さらに不幸を招く近道だ。 ーシェイクスピア『オセロ』
何も手がないとき一つだけ打つ手がある。勇気をもつことである。 ーユダヤのことわざ

【4章 私を明るくした「成功暗示」の言葉ーあなたはもっと強運になれる】

頭はときどき空っぽにして、可能性に席を空けてやろう。
すべては空想から始まる。 ーアメリカのSF作家 ラリー・ニーヴン
君のおぼえた小さな技術をいつくしみ、その中にやすらえ。 ーマルクス・アウレリウス『自省録』

「コロンブスの卵」は潜在意識にある。それを出しさえすれば成功する。
自分の能力は自分で使ってみなければ、わからない。 ー物理学者 湯川秀樹
ものごとにはすべて、二つの把手がある。 ーギリシャの哲学者 エピクテトス

見えない野心があってこそ、努力が目に見えて生きてくる。
熱狂できないということは、凡庸のしるしだ。 ーフランスの作家 バルザック
空想は知識より重要である。 ー物理学者 アインシュタイン

「火事場の馬鹿力」は腕力ではなく、心の力にこそいえるんだ。
ものごとてえものは、うれしい前には決まって心配ごとや悲しいことがあるんです。 ー古今亭志ん生

「自分だけが」と思わず、「相手だって」と思うのが、いい暗示。
なんのはや、世の中というものは、人の思うほどよくもなし、悪くもなしですわ。 ーモーパッサン『女の一生』

いま何がないかより、いま何があるかで発想しよう。
最も欲望の少ない者が最も豊かな者である。 ーローマの喜劇作家 プブリリウス
君の心の庭に辛抱を植えたまえ。その根は苦いが、実は甘い。 ーイギリスの詩人 W・H・オーデン

仕事は雑に考えると雑事になってしまう。
人間、出世したかしないか、ではありません。卑しいか卑しくないか、ですね。 ー永六輔『職人』
危険がみなぎる家は、安全すれすれの所に建っている。 ーアラビアのことわざ

「できるかできないか」ではない。「望むか望まないか」なんだ。
この地上に安全などというものはない。チャンスがあるだけだ。 ーダグラス・マッカーサー
事を遂げる者は愚直でなければならぬ。才走ってはうまくいかない。 ー勝海舟

「うまずたゆまずやる」と「休み休みやる」は結局同じことさ。
ものごとの実は、それをじつと見つめる人の心の中にある。 ーイギリスの哲学者 ヒューム

ビジネスライクとは、心の軽視ではない。
今度と化けものには会ったことがない。 ーことわざ
危ない橋も一度は渡れ。 ーことわざ
海のほかに何も見えないときに、陸地がないと考えるのは、決してすぐれた探検家ではない。。 ーフランシス・ベーコン『学問の進歩』

あきらめないことだ。一度あきらめると習慣になる。
人は直感的にばかげた行動をするけれど、それなしには成功はしないわ。 ー映画『ボディガード』
アイディアは一心に求めれば、必ず得られる。 ー喜劇俳優 チャールズ・チャップリン

【5章 私をラクにした「お金と運」の言葉ーあなたはもっと満足できる】

欲望は、成功の一部なんだよ。
頭で考えるな。肌でつかめ。 ーブルース・リー『燃えよドラゴン』
人生でいちばん大切なのは、自分にとって心地よさを感じること。 ーチェリスト ヨー・ヨー・マ

知らないことを聞ける人を増やすのが、財産を増やすこと。
退屈な人は千人に一人しかいません。そして、千人に一人しかいないぐらいだから、それはおもしろい人間です。 ーイギリスの政治家 ハロルド・ニコルソン
率直に話すことが最もよい態度である。 ー古代ギリシャの詩人 ホメロス

人のためにお金を使おう。人生の利回りは意外に高い。
人々はお金で貴いものは買えないと言う。そういう決まり文句こそ、貧乏を経験したことのない何よりの証拠だ。 ーギッシング『ヘンリーライクロフトの私記』
自分のポケットの中の小銭は、他人のポケットの大金にまさる。 ースペインの作家 セルバンテス

外見に気が回ってくると、好運が回ってくる。
おしゃれをしない人間は、泥棒よりも醜いと思います。 ー作家 宇野千代
遊びをせんとや生まれけむ。戯れせんとや生まれけむ。 ー『梁塵秘抄』

強気になるには、強気のふりをする。
人間は誰でも灰色の魂をもっている。・・・だから、ちょっと紅をさしたがるのさ。 ーロシアの作家 ゴーリキー

欲望に、適齢期はない。
老齢は山登りに似ている。登れば登るほど息切れするが、視野はますます広くなる。 ー映画監督 イングマール・ベルイマン
毎日、お祭りというわけにはいきませんわよ。 ーフランスの作家 モーパッサン

【6章 私を幸福にした「心身健康」の言葉ーあなたはもっと元気になれる】


「ありがとう」を多く言うと、ストレスが少なくなる。
やさしい言葉は、たとえ簡単な言葉でも、ずっとずっと心にこだまする。 ーマザー・テレサ

何を謝るかより、どう謝るかに心が出る。
信頼してこそ、人は尽くしてくれるものだ。 ー武田信玄
別離は人生を和解させる。 ーH・ド・モンテルラン

相手をほめると自分も元気になる。ほめる習慣はプラス発想の習慣なんだ。
長い間、一緒に暮らして、その間に芽生える感情こそが「愛」。 ー詩人 谷川俊太郎
よい結婚はあるが、うっとりするほど楽しいだけの結婚はない。 ーフランスの作家 ラ・ロシュフーコー

小さな手間を省かないことが、大きなイライラを防ぐコツ。
習慣は変えようとしなければ、すぐに悪習となる。 ー初代カンタベリー大司教 聖アウグスティヌス

健康は、習慣だ。
富、眠り、健康はそれを取り戻した時になって、はじめてその味わいを満喫できる。 ージャン・パウル
お金を稼ぐのは簡単だが、体重を落とすのは大変だ。 ーアメリカのジョーク

体に悪いことを人生から差し引くより、体にいいことを人生にプラスしよう。
食べて飲んで楽しく過ごすのだ。明日のダイエットにそなえて。 ーアメリカの作家 ノーラ・ゼラバック
ベストセラーのナンバーワンは料理の本。ナンバーツーは減量の本。 ーアンディー・ルーニー

ストレスをなくすには、リラックスを増やすことだ。
ほどよい怠けは、生活に風味を添える。 ー梶井基次郎『犬を売る露店』

天使が飛べるのは、気をラクにもっているからだ。
大げさすぎる健康法で健康を保とうとするのは、実にやっかいな病気である。 ーラ・ロシュフーコー『箴言と考察』
五月の朝の新緑と薫風は私の生活を貴族にする。 ー詩人 荻原朔太郎

現代おもしろ俳句集:BEST100(2008年)

「妻タンゴ 息子はスノボ 俺メタボ」こんな気持ち、分かりますよね。
いやなニュースが多いですね。せめてコレを読んで笑い飛ばしましょう。

1、脳年齢 年金すでに もらえます <満33歳>
2、自慢げに カタカナ言葉 欧米か! <ゴルゴ43>
3、ゴミ分別 ゴミ箱増( ふ)えて 片付かず <永年勤続>
4、定年後 メシ・フロ・お茶は 妻の声 <静子>
5、イナバウアー 一発芸で 腰痛め <おじさん>
6、覚えたぞ 既に機能は 次世代へ <IT知らず>
7、無茶言うな! サンタはそんなに 金がない <パパ>
8、たまったなぁ お金じゃなくて 体脂肪 <サラ川小町>
9、アレどこだ? アレをコレする あのアレだ! <?>
10、小遣いの 値上げに欲しい 代理人 <マイナー夫>
11、奇跡とは メイクの後の 妻の顔 <たまげた亭主>
12、英会話 前は駅前 今ゲーム <留学留年中>
13、マズイのに ウマイ!と言ったら 朝昼晩 <亭主>
14、新機種に 右脳左脳も 右往左往 <ケムンパス>
15、「時間よ」と 二度寝する妻 起きる俺 <塚丸>
16、大相撲 地球儀回し 国探す <相撲ファン>
17、飲もうかと 言えば部下すぐ 車です <小玉虫>
18、妻は待つ!! 年金半分 掴むまで <ヒロ君のパパ>
19、下校時に 孫に声かけ 逃げられる <飛翔>
20、ここからは 魔界と思う 三次会 <泰子>
21、「無理するな」 本心だったら 休暇くれ <亭主>
22、久しぶり 定時帰宅に 笑顔なし! <組合人>
23、スッピンで 我が子を抱けば 泣きやまず <ヘチマ>
24、お年玉 あげると孫は すぐ帰る <昭和世代>
25、やっと出た 年金さえも この格差 <弘です>
26、リバウンド 痩せる前から 気に懸ける <挑戦者>
27、新妻は 炊事と掃除 未履修で <蓮見 ひろし>
28、大晦日 部屋も私も 片付かず <不精女>
29、登校を しぶる息子は 現役教師 <カウンセラー>
30、リフレッシュ もらった休暇が ストレスに <!>
31、この景気 回って来ないぞ 給与には <会社員>
32、脳年齢 それより気になる 肌年齢 <家族団欒>
33、定年で あわてて地区に 顔を売り <日向ぼっこ>
34、俺だって 診断結果は チョイ悪だ <脂肪官>
35、デスノート 脂肪脂肪と書く女房 <映画通>
36、ファミレスで おしぼり王子に なる上司 <%>
37、予知不能 妻の怒りの 時期と規模 <地震予報士>
38、窓際で 部下に聞かせる 武勇伝 <耳だこ>
39、脳トレを やるなら先に 脂肪トレ <中年男>
40、代行車 飲み代よりも 高くつき <働く男>
41、手品好き 上司のデスクが 消えていた <ワフ>
42、パパお願い 運転場所取り カメラゴミ <ママ>
43、コンビニの お袋の味 中国製 <中国人>
44、同窓会 行ってみれば 老人会 <若いと思う私>
45、会社より 妻を替えたい ポータビリティ <@>
46、大いびき リモコン切ったら 見てたのに <?>
47、ペット死に 喪中ハガキを 書く女房 <私>
48、絶滅の 危機に瀕する 吸える場所 <てんてん>
49、エビチャンを 真似て巻き髪 オバチャンに <*>
50、妻タンゴ 息子はスノボ 俺メタボ <ダメ親父>
51、長電話 何回言うのか それじゃまた <健吾>
52、父の日に 父のおごりで すしを食べ <さくら>
53、気を配り マナーモードで いびきかく <仮面>
54、飲み屋では 常に情報 漏えい中 <酔い太郎>
55、病院も あったらいいな ポイント制 <庶民>
56、残業代 欲しくはないです 帰らして <社員>
57、きいてない 人の話と 育毛剤 <切望>
58、直帰する 妻の返信 えっ!困る <アポ取り>
59、やりとげます なんとかします すいません <会議>
60、ケータイは 携帯してくれ 母さんよ <不通者>
61、三兄弟 昔だんごで 今、亀田 <食通>
62、このオレに あたたかいのは 便座だけ <宝夢卵>
63、頭見て 敬語使うな 年下だ <あれれ?>
64、ジーコ去り ご苦労様と オシム声 <作家>
65、なつかしや 妻のエクボが いまメタボ <ごん>
66、犬はいい 崖っぷちでも 助けられ <オレも>
67、エロかわいい ほめたつもりが エロおやじ <町人>
68、行き先を 告げず出掛ける ネコと妻 <ナンタル>
69、買ってきて 着信メールは 妻ばかり <鷹山>
70、教えません 妻の小遣い グレーゾーン <亭主>
71、癒される 部下のレポート 誤字当て字 <クスクス>
72、ソックスに 足を通して 60億 <西武ファン>
73、忘れぬよう メモした紙を また捜す <敢山>
74、「ありがとう」 そのひとことが 潤滑油 <ココイコ>
75、たいやきに だんごの次は たらこかよ <第零生命>
76、身分証 本人確認 できぬフォト <髪なし>
77、飲み仲間 ついた名前は メタボの会 <フラミンゴ>
78、妻・子・俺 格差社会は 我が家にも <ひら夫>
79、ポイントを 貯めたいばかりに 無駄使い <努力>
80、うちのママ 家庭科少し 履修漏れ <泣き>
81、ハンカチで ヨン様卒業 ぼくの妻 <紀州梅>
82、帰りたい 我が家ではなく あの頃に <ノスタル夫>
83、休みたい 理由がなくて 出社する <なんだかなあ>
84、受験生 一男去って 又次男 <苦浪人>
85、謙遜を おっしゃる通りと 受け取られ <素直>
86、かけすてを 覚悟で払う 教育費 <受験ママ>
87、岩盤浴 韓流スターかと 聞く親父 <世間知らず>
88、優先席 座ってていいのか 迷う年 <定年間近>
89、次長課長 我が社は笑えぬ ダメコンビ <小林烏龍>
90、いつ買った? 前からあったと シラを切る <忍耐>
91、タクシーで おつりいいから 足りません <室戸岬>
92、女子アナの お肌にきびしい ハイビジョン <大泣>
93、大掃除 そこは俺やる 訳がある <へそくり命>
94、もてぬ子に 水色ハンカチ 親心 <珍竹林>
95、そのすきま 席ゆずられても 座れない <やせる女>
96、冥王星 何だか他人と 思えない <温泉仮面>
97、通知表 情報保護と 見せぬ孫 <しっかり亮ちゃん>
98、ナビだけが お疲れ様と 慰労する <家族旅行>
99、ご飯ある?ツクレバアルケド ならいいです… <夫>
100、昇格の アタックチャンス はい消えた <係長>

ちょっと幸福話
■眠くて仕事にいきたくない月曜日の朝、玄関にピカピカに磨 かれたハイヒールが並んでいると、気持ちがスーッっとしてさ わやかな一週間が過ごせます。だから日曜日は必ず愛用の靴を まとめてしっかり磨きます。結構楽しくて気分転換になります。(23才OL)

■ある日の午後、大学時代のボーイフレンドから突然の電話。 びっくりして二人の子持ちの私は一気に独身時代の自分に。 何を話したのか分からないまま受話器を置くと、私は鏡の前に 立っていました。髪を直して、口紅を手に持った自分に気がつ いて「ああ私は女だった」とおもわず笑ってしまいました。 (33才主婦)

■同棲していた恋人と別れて2年あの頃は「二人」を幸せの必 須条件と思い込んでいた。だから一人になった時、たまらない 不安に襲われた。最初の3ヶ月は無気力状態。 そんなとき先輩から「何でもいいからやりたい事を紙に書いて 実行することよ」と教えられた。 水泳がしたい、パソコンをやりたい、ヘアーとメイクも変えたい、 バイクの免許も取る。確かに気分が変わった。前はやりたくても 出来なかったあれこれが一人の自由さで何でも出来た。 彼との別れは精神的にも大きな転機となった。苦しい体験も自分 の明日へのスプリングボードにしてこそ自立した女なのだ、と自 分を誉めてあげた。新しい彼も出来ました。今度はしっかり前が 見えている気がします。(H.E.26才)
うれしかったこと
■生まれたばかりの娘の名前で僕にバレンタインのチョコレートが届いた。

■子供の授業参観に行ったら、担任の先生が、高校時代にあこがれていた1年上の先輩だった。子供と一緒に頑張らなくっちゃ。

■「あなたと離婚したらもう誰ももらってくれないわよネ」 と言ったら「また僕がもらってやるよ」と言ってくれた。(薫)

■太めの大根足を靴屋の店員さんが「ふくらはぎのラインが すごくやさしい感じですね」と表現してくれた。

■生まれたばかりの私の赤ん坊に代わって、看護婦さんが赤いカーネイションをくれた 初めての母の日

■子供の授業参観日に行ったら担任の先生が、若かりし頃交際していた彼だった。

■エレベーターのないマンションに住んで一年。5Fの昇り降りで足首が2センチ細くなったことに気がついた日。

■「空がきれい」とつぶやいたら、見知らぬおば様が「裸になった木々達が箒になって 空をお掃除してくれるんですよ。」と答えてくれた。
悲しかったこと
■2歳の息子がおやすみのキスをしてくれた。しかしチュッのあとで、カーテンで口をふいているのを見てしまった。

■CDの中古屋で、欲しかったドリカムが900円であったので、喜んで家に帰って聞いたら、中味は小林幸子だった。

■デパートで考え事をしていて、エレベーターから降りる時 ついうっかりバスの定期を見せてしまった。

■彼にティッシュをあげようとしてバックからハイと出したら、 なんと生理用品だった。

■猫ちゃんが下痢ぎみなので私のパンティーをはかせていたら、 突然外に出ようとしたので、必死で取り押さえた。

■デートの前にへアースプレイをかけていたら母に「何してんの?」はたと見る殺虫剤 をてにしていた日。

■車で信号待ちの間に口紅を塗っていたら、後ろの車が「ビッビー!」あわてて鼻の穴 にズボッと口紅が入ってしまった。
アメリカインディアンの教え(心に潤い、子育ての詩)
ドロシー・ロー・ノルト  訳 吉永宏
子供達はこうして行き方を学びます

批判ばかり受けて育った子は非難ばかりします

敵意にみちた中で育った子は誰とでも戦います

ひやかしを受けて育った子ははにかみやになります

ねたみを受けて育った子はいつも悪い事をしている様な気持ちになります

心が寛大な人の中で育った子はがまん強くなります

励ましを受けて育った子は自信を持ちます

ほめられる中で育った子はいつも感謝することを知ります

公明正大な中で育った子は正義心を持ちます

思いやりのある中で育った子は信仰心を持ちます

人に認めてもらえる中で育った子は自分を大切にします

仲間の愛の中で育った子は世界に愛をみつけます
ちょっと小話
『 帰国子女 』作者:東京都小金井市 上田 勝彦さん 中二の二学期に僕のクラスにアメリカから転校してきた女の子はとても勉強が出来る子でした。彼女は帰国子女なので英語が抜群で、テストは毎回百点でした。しかし、そんな彼女を妬んでいじめっ子たちが「転校生は三年間もアメリカで暮らしていたのだから百点を採れて当然だ」とわざと聞こえるように悪口を言っていました。それを聞いて、彼女の堪忍袋の緒が切れました。彼女はいじめっ子たちに何と云って仇をとったでしょうか。
答え:「私が英語で百点採ることが当然なのなら、あなたたちだって国語で百点採りなさいよ。十四年間も日本で暮らしているのだから」

『 夜はだれがくれたの? 』作者:大阪府堺市 小田 真也さん
「ねえ、お母さん、夜はだれがくれたの?」三才の健太は、夜おふとんの中から、お母さんにたずねました。
お母さんは、困ってしまいました。そして、ハッと気がつき、ニッコリ笑いながら健太に話しかけました。
「夜はね、お日様がくれたのよ。」。すると健太が 「どうして?」と聞きました。さてその答えは?
答え: 「ほら、日がくれたら夜になるでしょ。」健太は、お母さんの言葉を聞きながら、すやすやと寝入ってしまいました。まあるい月が輝き、星がチカチカ光る夜のことでした。

『 病院の待合室風景 』 作者:青森県青森市 田尻 昭二さん
小泉 「あーら森さん、しばらく。お元気になられましたの」
森 「はいはい。おかげ様で、病院にこれるようになりました。ところで、小泉さんは、体調の方はどうですか」
小泉 「それが、どうも具合がさっぱりしなくて・・・」
さてこの後小泉さんは何と云ったでしょうか。
答え:「だからしばらく病院の方は休もうかと思ってます」すると森さんも
森 「そうそう、無理をしない方がいいですよ」
▲ このページのトップへ ▲

Copyright 2003 JUNET INC. All Rights Reserved.