化粧品店はっぴーとーく樹音: トップへ

2005年12月真冬のロンドン滞在記 店主:東 賢太郎(57歳)
その1

  NEXT・>

<カウンターパンチ>

 2005年12月25日11時発BA06便でロンドンに向かう私は、朝9時に成田に着いた。チケットカウンターで「もう御存じかと思いますが、東様が購入なさったチケット会社(トラベル遊)が昨日倒産しまして、このチケットはお渡しできません」と、いきなりカウンターパンチを食わされた。学生時代に旅行代理業を経験している私は、一瞬にしてその後の状況が飲み込めた。「と云うことは再度お金を払ってそのチケットを買う必要があるんですね」「そうなんです。¥ 85000 ですけど宜しいですか」「しかたがないですね。ところで今、旅行業者の供託金っていくらでしたっけ」旅行業者は設立登録のときに保証金を行政に供託している。「この会社はJTBの下請けの国内旅行業者ですから450万円です」「そんなもんじゃあ、保証はほとんど期待できないですね」「お気の毒ですが」。

チケットを手にしてから我が店(樹音)に電話した。「おとといネットで手配した代理店が倒産だって」電話にでた次女が「エッ ― 、じゃあ行く為には又お金を払うの?我が家は貧乏なんだからそんな贅沢はだめですよ。あきらめて帰ってきなさいよ」

ここまで来て帰る訳にはいかない。真冬のロンドンへ行く人は少ないらしく飛行機はガラガラだった。4人分の席を占領して足を伸ばして寝れるのだから二人分の料金はしかたがないと諦めた。後に帰国して1/5の新聞に「被害者1200人。総額7500万円。経営者は預金を全額おろして夫婦で海外に逃走」とあった。私のようにまだ被害届けを出していない人もいるので多分1億円を越えるだろう。まさか俺が、のまさかに当たった。



<クリスマスのロンドン>

ロンドンのヒースロー空港に着いたのは12/25の午後2時半。クリスマスの空港はガランとして静かだった。便利で速いヒースローエキスプレスで市内へ向かおうとしたら「クリスマスで運休」とのこと。バスでリージェントパークに近いホテルに着き「昨日ネットで予約して、確認書はこれです」と見せると「昨日と今日はクリスマスで係りが休んでいるから確認できていない」と云う。そう云えばタクシーも少なく、街は静かすぎた。「クリスマスに働くなんてありえない」と云うことなのだろうか。

幸いホテルはガラ空きで、四ツ星だがかなり安かった。ボーイに部屋に案内されたが部屋を見ると狭くて期待外れだった。フロントに戻って「ゴメン、他のホテルを探すよ」と云うと、すました顔で他の部屋のキーを渡された。料金の割には満足だった。まったくなめていやがる。まだ4時過ぎと云うのにすでに日が落ちて真っ暗だった。疲れもあったので、その日はホテルに留まる事にした。



<UKの基礎知識>

イギリスの正式名称は「グレート・ブリテン&北アイルランド連合王国」で略称はUK:ユナイティッドキングダム・オブ・グレイトブリテン&ノースアイランド。イングランドと云う呼び方は余り聞こえてこない。広さは日本の3分の2で人口は日本の半分。ロンドンの人口は720万人。元首は女王エリザベス2世、国旗はユニオンジャック。始めてのロンドンの知識はほとんどなかったので、ガイドブックでまずは基礎知識の勉強だった。通貨はポンド(約¥200)。ロンドンの位置は北緯51度(宗谷岬の上にあるカラフトの中央部くらい)だ。真冬は相当寒いと聞いていたが、こんなに寒いとは信じてなかった。夕方4時には日が暮れて、朝は8時を過ぎないと明るくならない。その変わり夏は夜の9時位迄明るいのだが。



<ボンドSt.とオックスフォードSt.>

ロビーに出て地域のマップを探した。年輩のボーイさんがマップを持って私に声をかけた。「明日から街はバーゲンセールだよ。オックスフォードストリートまでバスで10分だから沢山買い物をするといい」私は「あそう、でもボンドストリートはどの辺かな」と聞き返した。「おー、日本人は金持ちだったね」と皮肉っぽい笑顔で私の顔を覗き込んだ。「ボンドストリートにはライブハウスが沢山あるんでしょう?」と云うと「それならソーホ: SOHO だよ」と真顔で答えた。その意味が翌日分かった。ボンドストリートとは日本の銀座並木通りのように、世界の超ブランドショップばかりが軒を列ねる通りで、店の格式は高く、ドア越しに見ると私が一歩足を踏み入れることすら躊躇する店ばかりだった。店によっては「王室御用達: By appointment to her majesty 」と看板にある。この her は女王陛下のことだ。

その道に交わるようにオックスフォードストリートが約2 . 5 km のショッピングストリートが続いた。道路は片側一車線づつの狭い道だが思った程の渋滞はなく、2階建の赤いバス(ダブルデッカー)が連なるよう沢山走っていた。確かに全てのデパートや専門店が大バーゲンのステッカーを貼りつめて、街は凄い賑わいだった。まだ時間はゆっくりある。それに骨董品や古着もあるマーケットも沢山見てみたいから買い物は後にしよう。ロンドンからパリへはユーロスターで3時間。ビートルズのリバプルールも日帰り圏内だが、こんな寒いところで忙しい思いはしたくない。元旦に帰国予定でロンドンは7日間滞在で時間は十分あった。

  NEXT・>


Copyright 2005 JUNET INC. All Rights Reserved.